世界に一つだけの焼きそば


世界に一つだけの花は
珍重されるのでしょうが

世界中にひとつだけの今夜の焼きそばは・・・
e0171560_234165.jpg

ありえない野菜の組み合わせ
それなりに美味しかったけれど
二度と食べなくとも良いかなあ002.gif

くいしんぼう夫作の野菜
やっつけなければと
残っている野菜をやきそばに。

やっつけ野菜だけの炒め物だと箸が進まないけれど
不思議とそこに麺が加わって
焼きそばという料理になると
あ~ら不思議
なんとか食べられるんですよね~。

いたずらっこちゃんもおかわりして
結構食べてくれました。


で、今日のやっつけ野菜の顔ぶれ

具材その1
この左の「ツルナ」
e0171560_2255503.jpg

そして具材その2は
右側の棒状のようなもの「茎レタス」

ツルナ・・・
「日本でこのツルナ科の植物はこいつしかいない」と
くいしんぼう夫が言うだけあって
見たことないですよね。
まさに、日本に一つだけのツルナ科

風味はホウレンソウに似ていて
英語圏ではNew Zealand spinach
(ニュージーランドホウレンソウ)と呼ばれているそう。


鉄分の含有量は野菜の中でもトップクラスで
他にβカロテン、ビタミン類も豊富で
健胃作用があるとされているようです。

「シュウ酸を含むので下茹でしてから使ったほうが良い」に従い
さっと下茹でしておきました。


そして具材その2の
今年も作った
山くらげ・・・もとい「茎レタス」

去年収穫した時
私に粗末に扱われ
最終目標の「乾燥させて山くらげ」までいかなかったのに
どうして今年も作るのかしら
懲りないねぇ、くいしんぼう夫よ。

最近、庭でじっくり野菜を見ることも少なくなった私は
ある日、庭の片隅で大きな顔をしてすくすくと立派に成長している
こやつを見て、自分の目を疑ってしまいましたよ。

まさか、あいつは?
まさか、あいつは!!
早速その晩帰宅したくいしんぼう夫に尋ねると
良くぞ聞いてくれましたとばかりに
「そうなんだよ!今年も作ったんだよ!」と目を輝かせ・・・。

はっきり言わないとわからないのね015.gif
「え~、こんな放射能が心配な時に
そんな山くらげまで食べたくない!」

「大丈夫だよ
そう思って生い茂っていた葉っぱの部分は全部捨てたから
こっちの茎の部分だけ食べればいいさ」
と涼しげな顔で。

「(ん、確かに一理ある!と内心思いつつ)
でも千切りにして干して山くらげを作るのは
これまた放射能の下にさらすみたいで心配」

「だから、去年みたいに
炒め物とか焼きそばに入れて食べればよいさ」

ということで、厚く皮を剥き
せっせせっせとと千切りにし念のため水にさらしました。


美味しい物のためならかなりの労力も惜しみませんが
どうでも良い、この無味無臭に近い茎のために
せっせせっせと千切りはなんだかスッキリしない・・・。


それから具材その3
今年収穫の
紫玉ねぎと、玉ねぎと、エシャロット

紫玉ねぎはそこそこの大きさですが
玉ねぎはベビーオニオン?と間違えそうな大きさが勢ぞろい。

エシャロットもどうやら失敗したらしく小粒ぞろい

収穫したそれら達
ずっとベランダにほうりだされていたので
とうとうこの日
せっせと束ねて裏の専用干し竿に吊るしました。
フゥ~ッ
e0171560_2257520.jpg

束ねるにも小さすぎるものを集め
こちらもチマチマと皮を剥きスライスしました。

ちっちゃい玉ねぎを沢山使うのって
結構面倒ですよね・・・。


具材その4
冷蔵庫に残っていた
福岡産の竹の子の水煮


そして具材その5
たんぱく質になりますが
イカの一夜干し
こちらも細く切っておきました。


鉄板料理担当のくいしんぼう夫が帰ると同時に
ホットプレートにスイッチを入れて
ごま油で生姜を炒め
オニオン類と山くらげ
e0171560_22574625.jpg


ある程度炒まってしんなりしたら
竹の子と下茹でしたツルナ
e0171560_2259181.jpg


茹であがった香港名産の玉子麺
e0171560_231188.jpg

そして一夜干しイカも入れ炒め混ぜ
e0171560_230068.jpg

ガラスープの顆粒、オイスターソース、塩、こしょう、醤油で味付け
食べる時に好みでニョクマムをと思ったのですが
味付けがしっかりとついてしまったので
ニョクマムは出番無しでした。

くいしんぼう夫
やっぱり、山くらげの食感、いいな~!

今年も懲りずに山くらげを作ったのは
生でも独特の食感がある
この山くらげを食べたかったからだそう・・・。

まあそういうことなら
せっせと千切りしたのも報われたというものかしら。

確かに何にも例えようがない食感
独特ですが
私は嫌いでもなければ、別に一生食べなくても良いと思う。


さて、この朝
オクラも収穫
青ばた豆腐の冷奴にトッピングしました。
e0171560_2302243.jpg


そして食後は
庭で採れているイチゴでジュース
e0171560_2385146.jpg

こちらも小粒ばかりぞろぞろ採れ
いい加減誰も手をつけなくなってきてあまり気味だったので
まとめてジュースにする宣言を夕食時にしたら
いたずらっ子もくいしんぼう夫も大盛り上がり071.gif


ご飯を食べるや否や二人にせかされ
e0171560_2315620.jpg

食後のデザートに予定通りジュースを楽しみました。




[PR]
by akaruisyokutaku | 2011-07-05 21:55 | Comments(4)
Commented by baboo30 at 2011-07-13 00:15
茎レタスって初めて見ました!
これが、いわゆるおみやげ物屋さんの(ゆで)山菜コーナーに置いてある
緑の鮮やかな山くらげになるんですか??
なんだか不思議~

お野菜満載の焼きそばですね。
なんだか食べたくなってきた~。明日はうちも焼きそばにしようっと。
Commented by akaruisyokutaku at 2011-07-16 22:57
バブー様、こんにちは~♪
そうなんですよ、これが山くらげになるそうですが
私も出来上がる過程を見たことはないので、不思議な感じです。
やっぱり一度、この手で作ってみないと!ですね。笑

焼きそば、大人も子供もみんな大好きですよね~。
Commented by ケンタ at 2011-07-19 06:36 x
茎レタスが山クラゲになるんですか?!
最終目標が見てみたい様に思います
何でも真似したくなるんですが
是非見たいです!お願いします!!

オクラ早いですね〜
Commented by akaruisyokutaku at 2011-07-23 23:11
これが山くらげになるとは!・・・と信じられないので
確かに見てみたいですよね。
もし来年もくいしんぼう夫が懲りずに作ったらやってみます。
・・・が、作らなかった時は師匠にバトンタッチです♪ 笑
<< エスニックな夜 お知らせです♪ >>