タグ:スープ ( 33 ) タグの人気記事

ヴィシソワーズとサンドイッチ


サンドイッチにしようと思って焼いた
円筒形のパン

結局月曜日の朝になってしまいました。
e0171560_0281939.jpg

焼きたてのようにしっとりとはいかず
少々パサツキ気味でしたが
それでもまだやわらかく
具をはさんでラップに包んで少し置いておいたら
何とか美味しく食べれました。

e0171560_0284340.jpg

スープは新ジャガでヴィシソワーズです。
涼しい朝だったので、ギンギンには冷やさず
ちょっと冷たい程度で飲みました。

庭の菜園から摘んできた
チャイブ、そしてサラダ菜が大活躍です。

朝からゆっくりとスープ、サンドイッチ、フルーツと食べ
優雅な気分でスタートできたのは女子二人。

食いしん坊夫は起きてきたら時間がないというので
慌ててサンドイッチだけをラップに包んであげて
飲食しながら運転していった様子。

優雅とはとてもかけ離れた1日のスタートでした。

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-08-03 00:34 | Comments(0)

「焼きもろこしのスープ」と「ポテトパンプキンパン」

食いしん坊夫は今朝も6時から畑へ・・・

・・・行こうとしたら車の鍵がないと言って起こされてしまったワタクシ。

休日なので、もう少しウダウダ寝ていたかったのですが
もう6時ですからね・・・
はい、起きることにしました。

今から畑へ行って、朝食までには3時間くらいはあると予測し
焼きたてパンを朝食にと、早速生地仕込み。


先日堀たてジャガイモを沢山いただいたので
今度はマッシュにして生地に入れることに。

それとかぼちゃも少し残っていたので
かぼちゃも入れました。

プレーンな生地を仕込み、捏ねあがる直前に
生地を分けて、ジャガイモとカボチャを
それぞれ練りこんでみたのです。

まずは先日のカボチャのパンでサンドイッチが気に入ったので
今回も円筒形でサンドイッチ用のパンを。

せっかくなのでジャガイモとカボチャをロールにしました。
ぐるぐる渦巻きの予定が・・・
e0171560_0305895.jpg

同じ重量の生地をのばして二段重ねにしているのに・・・
しかも、外側がジャガイモの白い生地が来るはずなのに・・・

外側にうっすらと白い生地が見え
後は中心に少しだけ・・・

異なる野菜で生地の質が違っているからなのか
面白い現象です。


おやつようには・・・

残りのジャガイモの生地に炒った胡桃をいれ
成型した後、トッピングにグラニュー糖をぱらぱら。

e0171560_0301698.jpg

カボチャの生地には、いたずらっ子お気に入りの甘納豆入り。


生地がふんわり甘くて、どれもこれも美味しく
いたずらっ子に又作ってねと言われました。
e0171560_0341413.jpg


こうやってパンを仕込み、私は庭の草むしりに精を出していると
食いしん坊夫がお腹を空かせて帰ってきました。

予想より早い帰宅でパンはまだ2次発酵に入ったばかり。
しかも、他のおかずは何もできていませ~ん!
(・・・って、この開きなおり・・・)

うむ~、困ったな~・・・
と思っていたら・・・
収穫物が!

ジャジャ~ン!!とうもろこしです。
e0171560_0312620.jpg

しかも4本。
一番向こうが同じ畑の手作りベーコン名人宅の作品
残り3本は我が家ので
ちょうど畑で収穫が一緒だったらしく
1本ずつ交換してきたようです。

そのトレードしている姿・・・
想像したら笑えちゃいました。



この採れたてとうもろこしを早速茹でて
パンが出来上がるまでのおやつにしてもらいましょう!

・・・と、1本はまだ未熟で、1本ははっかけ。
そのまま食べるよりは、スープにしちゃおう!

近所にあるフレンチのお店で以前食べた
「焼きもろこしのスープ」
近所の畑で作っている採りたてとうもろこしのスープでした。

新しく発見したそのお店が気になって
まだ3歳だった娘と二人でランチに行き一人分を注文。

私のを取り分けて一緒に食べようと思ったのに
他のもいつも以上にすごい食欲
そしてこのスープに関しては
ほとんど独り占め状態で飲まれてしまったのです。

忘れられない味で、又今年も飲みに行きたいと思っていたのですが
こちらにも同じように採りたてとうもろこしがあるのですから・・・と
真似て再現してみました。

まずグリルでとうもろこしを焼いて
実をはずしました。
e0171560_0323379.jpg

お鍋ではたまねぎをしんなり炒め
ブイヨンで煮ていた所に
このとうもろこしも入れてさっと煮て
ミキサーにかけるだけ。

たぶん乳製品は使っていなかったように思いますが
何しろ遠い記憶になっているので定かではありません。

まあ、同じような味にできたかどうかはわかりませんが
とにかく甘くて絶品でした。
e0171560_0275465.jpg

ヤングコーンも1本あったので
一緒にグリルで焼いて夫のスープに入れてあげました。

2本からは3人分のスープしかできませんでしたが
大人と同じくらいの量を入れてあげたいたずらっ子も
あっという間に完食しました。




スープ飲む前に茹でとうもろこしも2本出来上がっていたので
3人で味比べを!

圧倒的に、1本頂いた味来の方が甘くて美味しく・・・
e0171560_0331298.jpg

ほとんど娘の腹の中に入ってしまいました。

我が家のは苗に種類が書いていなかったので
何かはわかりませんが
この後できる、種から育てたキャンベラに期待したいと思います。


食いしん坊夫と娘の二人で収穫してきた採りたてトマト
e0171560_032131.jpg

これも食べているうちに
やっとパンが焼きあがりました~!

・・・が、この間に残っていた他のパンを食べたりして
すでにみんなお腹が結構膨れておりました。

せっかくの焼きたてパンは、朝には味見程度となってしまったのです。

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-08-01 23:35 | Comments(2)

ジャガイモとモロヘイヤの冷製スープ

三連休の最終日も、朝からせっせと働く夫。

こちらはいつものごとく、たっぷりと寝て起きて
朝食の準備をして待っておりました。

何かスープを作ろうと思い野菜と相談しても
沢山あるのはジャガイモ。

「ヴィシソワーズ」は既に数日前に作ったばかり。
今日もそれでいこうか・・・
あ、すこしばかりモロヘイヤを入れて
緑色のスープに変身させましょう!と思いつき・・・

バターで玉ねぎを炒め、ジャガイモも炒めたら
ブイヨンでことこと煮てミキサーに。
その時に熱湯でさっと茹でておいたモロヘイヤも一緒に。

裏漉さずに、牛乳でのばして出来上がり。
生クリームはなかったので入れておりません。

粘り気があるモロヘイヤなので少ししか入れませんでしたが
それでもやっぱり、ちょっとトロッとしておりました。
e0171560_2233613.jpg

緑色のスープってなんだかすごく元気になりそうですよね?

e0171560_2234934.jpg

前日に採ってあったなすとインゲンを
熟した大ぶりのトマト1個と一緒に
ニンニク風味で煮込み、オムレツのソースに。
e0171560_22333885.jpg

朝採れたてのプチトマトも一緒に盛り付けて完成~!



さて、畑に定植したばかりのこちらの苗、何だと思いますか?
e0171560_22412338.jpg

既にほんのり色づいている葉が、未来の野菜を想像させてくれます。

ビーツです!!


ボルシチ大好きの私は、冬になると
なかなか生のビーツが手に入らないとぼやいておりました。

それを何度も聞かされていた食いしん坊夫が
種を取り寄せて苗を育ててくれました。

すくすくと大きい株になり
寒い冬にボルシチがたっぷり食べれるように!と
せめて草むしり位は頑張ろうと思う私でした。笑

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-07-20 22:21 | Comments(2)

「ナスのマリネバジル風味」と「牛蒡の冷製スープ豆乳仕立て」


父さんは山で芝刈りに・・・ときたら
母さんは川で洗濯にとくるのでしょうが・・・

土曜日の朝5時から
食いしん坊父さんは庭でせっせと働き
怠け者母さんは・・・外から聞こえてくるリズミカルな音を子守唄代わりに
娘と気持ちよく寝ておりました。

はて?音が聞こえなくなったな?お腹が空いたか?と
慌てて起きてきたのは8時。

しかし、夫の姿はなく、あるのはテーブルにこちら・・・
e0171560_744628.jpg

今朝収穫したと思われます。
まだ小さめのナスですが、最初の2~3本は早めに収穫すると
木への負担が軽減するとのこと。


きっと借りている畑の方へ行ったのでしょう!

さぞやお腹をすかせて帰ってくるかと思い
せめてものお詫びに
今朝の収穫物で朝食の支度をして待つことに。

ナスはマリネにしました。
ニンニクと庭にあるバジルの風味をきかせました。
e0171560_7443931.jpg

無農薬のナスの皮は、安心して食べれますし
小さめのをとりたてですので、皮が全く硬くありません!


そしてごぼうの冷製スープ豆乳仕立てです。
e0171560_745651.jpg

サツマイモがなかったのでジャガイモを少し加えました。

パンはちょうど前日2種類も頂いたのがあって贅沢気分♪
しかし、ひと品は、食いしん坊娘が
私の~!と自分のところに囲ってしまっております。
e0171560_745338.jpg



食べるばかりになっても、なかなか戻ってこない夫。

やっと帰宅したのは10時を回ってから
案の定、お腹をぺこぺこにすかせて帰宅です。

美味しい美味しい!ともりもり食べたのは言うまでもありません。

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-07-11 07:30 | Comments(0)

6月のパン教室「オニオンベーコンブレッド」

6月の料理教室「Bonjour!」のパン教室のメニューです。

パンは「オニオンベーコンブレッド」です。
e0171560_975592.jpg

文字通り玉ねぎとベーコンを使っています。
生地にも入れて捏ねて、上にものせています。

そしてマヨネーズとチーズをトッピングして
大きな形で焼き上げました。

型は、生徒さんが持っていなくても作れるように
牛乳のパックを再利用です。
e0171560_973120.jpg

私の好きなミニ角食型にも入れて焼いて
好みで、本日のサラダをサンドしてもらいました。
e0171560_935251.jpg


サラダはにんじんソースで。
e0171560_965483.jpg

ソースにはにんじん1本と玉ねぎを使って作るので
結構な量ができますので・・・

それがある時は、続けて食卓に登場しますが
お野菜を変えたりするだけで
色々な食べ方ができます。

塩鶏胸肉も添えました。
簡単で美味しくできるので
早速家で作ってみますという嬉しい声が!

そしてスープは「アスパラの冷製スープ豆乳仕立て」です。
e0171560_953229.jpg

食べていただく前は、豆乳臭くないの?と心配される方がおりましたが
一口飲んでいただくと、全く豆乳とはわからないと言う意見でした。
牛乳で作ったスープのように飲めて
それでいて身体に良い植物性のたんぱく質がたっぷり摂れるのですから
嬉しい一皿です。

蒸し蒸しした日には喉ごし良く、美味しく飲めますので
我が家でもアスパラがある間は、度々登場しました。
e0171560_96711.jpg

いたずらっ子も飲んでくれます。


食後のデザートには「ヨーグルトのパウンドケーキ」です。
e0171560_1002535.jpg

パンを作ってだと、時間の都合で
簡単なデザートしか作れませんが
やっぱり焼き菓子は喜んでいただけます。
e0171560_1005171.jpg


ヨーグルトが入っているのでしっとりしているこのケーキ
バターもしっかり使っているのでそんなにおやつにはできませんが
時々我が家でも作ります。
e0171560_1043430.jpg

そんな時は・・・
いたずらっ子ちゃんも、粉ふるいを喜んでお手伝い・・・。

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-06-30 08:46 | Comments(2)

「エビとアスパラガスのリゾット」と「ガスパチョもどき」


今週、梅雨の合間の暑い日が続いています。
そんな中、今日も幼稚園後、近くの公園に
お友達4組で遊びに行きました。

遅く帰ってからでも、早く仕上げができて食べれるように
冷凍庫に残っていたエビでリゾットです。
e0171560_22264524.jpg


フルーツトマトを中心に簡単なサラダと・・・

熟していた大玉のトマトがあったので
それでスープを作っておきました。
トマト&トマトのまるで夏の食卓です。

スープは・・・
オリーブオイルでニンニクを炒め
そこにざくざく切ったトマトを加えて少し煮詰めました。
それをニンニクごとミキサーにかけて
冷蔵庫に入れてギンギンに冷やしておきました。
e0171560_2231720.jpg


帰ってからリゾットの鍋を火にかけている間に
時間があったので、ゆで卵を茹でて刻んだもの
きゅうり、玉ねぎ、ピーマンを刻んだものを用意して
まるでガスパチョのトッピングなるものを添えました。
e0171560_2231294.jpg

本当のガスパチョはもっと青臭いですが
これはトマトを煮詰めているし、生のニンニクやお野菜も入っていないので
飲み口がまろやかでした。

リゾットはあまり進まなかったいたずらっ子ですが
冷たく冷やしたスープは、一口飲んで
「これはおいしい!」と言って・・・
e0171560_22324829.jpg

自分でトッピングをして楽しみながら完食しました。

一方、リゾットを「旨い、旨い」と言ってがつがつ食べていた食いしん坊夫に
「おかわり~!」されてしまいました。

え?・・・もうないんですが・・・汗

半分食べて残した娘のを食べてもらいました。

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-06-26 22:07 | Comments(0)

姫皮のサラダ、葱ととうもろこしのスープ、豚ヒレ肉のサルティンボッカ風

GW前のメニューです。

冷凍庫と冷蔵庫にある食材に、セージだけ買い足して
献立を考えました。

姫皮といえば、我が家ではいつも吸い物になっていました。
柳田栄萬さんの「薬膳だから」に載っていた「姫皮のサラダ」
e0171560_23522058.jpg

姫皮をイタリアンで使うとは!
姫皮も残っていたし、ちょうどルッコラもあいコープから届いていたし
パルミジャーノもあったので、すぐに作れました。

著書にもあるように
自分で筍を茹でて皮を剥かない限り
これは食べれない一皿ですので
ある意味贅沢ですよね~。

そして葱のスープは
「ばーさんがじーさんに作る食卓」のブログで見たばかりでした。
我が家の庭にある畑にも
ねぎぼうずができてしまった葱が結構あり
(育ちが悪く細かったので、せっせと買って食べていたらいつの間にか・・・)
畑管理人の父から苦言を聞く前に、慌てて証拠隠滅しました。

これでもか~!と言うくらいたっぷりの葱。
e0171560_23524120.jpg

「ばーさんが・・・」の方では、茹でるだけでしたが
こちらは働き盛りと育ち盛りがいるので
少量のバターで炒めてからポタージュ風に。

出来上がりは、想像通りくせもなくやさしい味。
ふと思いつき、コーンもたっぷり加えてみたら大正解。
コーンスープが大好きな二人は、それだと思って飲んでいたようです。
e0171560_23531376.jpg

「ばーさんが・・・」の方は葱の青い部分も多かったようで
出来上がりももっと緑っぽく、いかにも栄養満点!と言う感じで食欲をソソリますが
こちらは青い部分が少なくて、ちょっと物足りない色でした。
まあ、コーンを加えるには丁度良かったかもしれません。

そしてメイン。
スープがポタージュ系なので、ちょっと重たすぎるかもと思ったのですが
トマトソースもあったし、生ハムも使ってしまいたかったので・・・。

豚ヒレは厚めに切って叩いて薄く延ばします。
セージ、そして生ハムを重ねて、小麦粉をまぶし
e0171560_23534629.jpg

(手前の列は娘の翌日のお弁当用にチーズをはさんでヒレカツです)

フライパンでソテーしたらとりだして器に入れ
トマトソースをかけチーズをトッピングしてオーブンで焼きます。
e0171560_2354558.jpg

トマトソースがあれば、わりと簡単に出来ます。

イタリアンにポタージュスープはちょっとちょっと~って感じですが
スープをゆるめに仕上げましたので
食べる側としては、意外と問題無しでした。笑

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-05-02 21:49 | Comments(0)

ムング豆のスープとクルミパン、マフィンパン

先日の自家製ベーコンの写真で
マフィンサンドと共にうつっていたスープです。

最初に油でクミンシードを炒め
玉ねぎを加えて色付くまで炒めます。

トマトのみじん切りも加えてさらに炒め
水を加え、ムング豆(緑豆)もたっぷり入れます。

そこに人参、ジャガイモを入れて柔らかくなるまでコトコト煮込むだけ。

ターメリックを加えて色を付けていますが
味付けは塩と、そしてクミンシードの風味のみ。
勿論辛みは全くありません。

ムング豆(緑豆)をたっぷり入れたスープで
豆好きの私にはたまらないのですが
豆が苦手な食いしん坊夫には、別の意味ででたまらないようです。

娘はどうだろう?
大分前、一度食べさせた気がするけれど、反応の記憶はあまりなし。
その後しばらく作っていないので、うけは良くなかったのでしょう、きっと。

今ならどうか、食べさせてみよう!

・・・と言うことで作りました。

しばらくぶりに、あのマフィンサンドと共に食べた主人は
半分残してしまいました。
やっぱり何度食べても苦手だそうです。笑

そしていたずらっ子ちゃん
どう?と聞くと、無言で横に首を振る・・・。
あまり好きではなかったらしいのですが
それでも器に入れた結構な量を食べきってくれました。

たっぷり出来たので、飲みまわして二日目
嫌だと言いながらも、やっぱり器に入れた分は飲んでくれました。

そして父が泊まりに着ていた昨日の朝
どうかなと思いながらも出してみました。
e0171560_113810.jpg

さすがに三日目となるいたずらっ子は
画像の量の半分くらいで「もういや!」
そしたら、以外にも父が
「じゃあ、じっじが飲んであげるから~」と。

どうやら気に入ってくれたらしいです。
年老いた父の口にインド料理は合わないだろうなと思いましたが
人の嗜好ってわからないものです。

いたずらっこも好きではないと言いながら
トータルにしたら、彼女の胃の中には結構な量が落ちたはず。

食感が豆のざらざら感と柔らかく煮たお野菜とで
意外と喉の通りが良いのかも・・・。
e0171560_061830.jpg

嫌いというわりには、大きいスプーンで
どんどん口に入れていたし・・・。
(まだパジャマですね・・・汗)

春休み最後の朝食だったので
ちょっと豪華にフルーツも盛り合わせてみました。

この間から「パパイア」がどんなフルーツか
すごく興味があったいたずらっ子。
「百聞は一見にしかず」
ちょうどスーパーで見つけたので買ってきました。

前日のおやつに半分食べて
残りのこの分も殆ど一人で食べていました。

スープは半分しか飲まなかったものの
パンもたっぷり食べて、目玉焼きもペロッと食べ
すごい食べっぷりでした。
フルーツ効果でしょうか?笑

パンはこうあんの酵母でシンプルな生地を作り・・・
e0171560_0202278.jpg

半分は、サンドイッチ用にマフィン。
e0171560_0204388.jpg

半分にはくるみと少しだけ残っていた文旦ピールを刻んで入れました。

くるみと文旦ピールの組み合わせのパン
先日お友達から頂いたのですが
残念ながら私の口には入らなかったので
作ってみました。
e0171560_0212696.jpg

マーマレード大好きな私が嫌いなはずはなく
すごく美味しい組み合わせで
チーズとワインが欲しくなりました。

そして昨夜・・・
翌日からの幼稚園の準備をしていたら発見!
e0171560_0323169.jpg

新学期に使う連絡帳が・・・!!

名前を書く欄に「すおずらんん?・・・すずらん?」

それって年少の時のクラス名でしょうがあ~っ・・・!
今年はゆり組みさんでしょうよぉおお~~~~~っ!!!

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-04-10 23:03 | Comments(0)

春の恵み ウド三昧

主人の友人から立派なウドを頂きました。

香りが高く歯ざわりが良いので
この時期になると数回買って食べるウドでしたが
沢山頂いたので
その数回が一度にまとまって来ました・・・!

まずはこれ。
独特の香りとシャリシャリとした食感
似たもの同士のセロリとあわせて一品。
e0171560_133549.jpg

お酢、塩、砂糖で和えただけですが
何ともいえない香りが口中に広がります。
娘もしゃりしゃり食べれるので驚きです。


そして定番の天ぷら。
穂先を使うと
まるでたらの芽のようで大好きです。
e0171560_1292118.jpg

何本も頂いたので沢山の穂先がとれましたが
天ぷらにすると
揚げて食卓に出した瞬間から
食いしん坊夫といたずらっ子の取り合いで
私が食卓に付いた頃には
もう残りわずか・・・。

せっかく揚げるのにこれだけでは淋しいので
冷蔵庫の中にあったレンコンを使い
えびのすり身をのせて一緒に揚げました。

普通ならサンドにするところでしょうが
娘が食べるには厚みが出て食べずらいので
あえてオープンにしました。

この作業は娘にお願いした所
上手にこなしてくれました。
e0171560_130884.jpg

抹茶塩を添えたら戦略どおり。
こういうのがあると
いたずらっこは俄然はりきって食べます。


そして・・・
フレッシュいちごとウドのスープ
e0171560_1303967.jpg

これは先月の料理教室で仕入れたばかりのものです。

教室では別々に素敵な器に盛り付けて
口の中であわせる食べ方でした。
いちごとウド、何ともいえないハーモニーです。

別々にしたらウドだけ残る予感がしたので
あえて刻んでいちごのジュースの中に入れたところ
これも予想以上に大ヒットで
娘はえらくお気に入りのようでした。
e0171560_1311849.jpg

自分のだけでは足りずに
主人のもおねだりする始末で
二日続けて作ってあげました。

二日目はうどもたっぷりと入れましたが
何も言わずぺろりと食べてくれました。

毎年この時期の定番料理になりそうです。


ウド・・・
あまり知らなかった栄養効果

調べてみたら強壮作用が・・・

今週も元気に
サンタさんからプレゼントされたトランポリンで
ボンボンボンボン暇さえあれば跳ねていた娘・・・

ウド・・・
しばらく食べさせるのはよそう。

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-03-14 01:38 | Comments(2)

マレーシアの田舎風野菜スープ

横浜中華街の近くに
エスニックの食材や調味料を扱ったお店がありました。
大分前にそこで習ったスープです。

マレーシア料理はインド料理と似ていて
さまざまなスパイスを使うのが特徴のようです。

ピーナッツオイルでニンニクのみじん切りを炒め
鶏肉と玉ねぎ、ニンジン、セロリを
がらスープでコトコト煮込むのですが・・・

この時にベイリーフ、シナモンスティックと
ナツメグのホールを一緒に入れます。
かくし味にブラウンシュガーも少々。

ふんわり甘い香りがして
スパイシーな、それでいてさっぱり
一口飲むともう一口飲みたくなる不思議なスープです。

食いしん坊夫はどうかと思い、結婚当初作ったら
予想以上に気に入ってくれたようで
スープのリクエストといえばこれが一番。
好きなスープベスト3に入っているようです。

ちなみにレシピでは鶏もも肉を使っていましたが
我が家では手羽先や手羽元の骨付きを使っています。

美味しいダシが出るし、食べごたえもあるし
煮込んだ骨付きは身がホロホロトロッとして
骨付きを食べるのが大好きな夫の残骸は
それはそれは驚くほど見事にきれいな骨だけが残っています。

今では娘と二人で
「軟骨~!!」と
コリコリコリコリ楽しそうに音を出し合って食べています。

e0171560_18432667.jpg

本当は香菜(シャンツァイ)がアクセントになるのですが
この近所ではすぐに手に入らないので
手に入った時だけのスープにしていました。
それが今では、なくても当たり前のようになってしまっています。

[PR]
by akaruisyokutaku | 2009-02-08 18:41 | Comments(0)